代襲相続と数次相続

基本的に相続人というのは被相続人の子供がなるのが一般的です。しかしその相続人となる被相続人の子が相続をするより前に死亡しているという不幸なケースも世の中には存在します。その場合にはどうなるかというと、その相続人になるはずだった人の子供が相続人になります。これを代襲相続といいます。ただその子供ももし亡くなっているとしたら被相続人の直系卑属が再代襲することになります。一方で相続人に無事に相続が出来ますが、その相続人が何かしらの不幸で亡くなってしまったします。そうなると次の相続人及び遺族に遺産を被相続人とその相続人分のを相続登記します。ただその際に遺産の相続が単独になる場合には省略して最初の被相続人の財産を登記するだけで済むようになっています。こうして被相続人が死に、それに次いでその相続人も亡くなって相続が発生することを数次相続といいます。この2つの違いは単純にいえばどちらが先になくなっているかであり、こうして被相続人に次いで相続人も亡くなると数次相続になるということです。この違いによって相続と財産の権利が変わってくるという可能性もあるので、間違えないように気をつけましょう。後は数次相続での登記の書き方にも気をつけましょう。