普通失踪による失踪宣告

人は死亡と同時に権利関係を失い、相続関係が発生します。 死亡には、遺体がある死亡の他に、死亡をしたかも知れないが、遺体が発見されていないケースや、突然行方不明となり、生死がハッキリしないケースがあります。 失踪の中でも、戦地にいった者・地震災害の危難にあった者が、危難が去った後も1年間行方不明である場合の失踪の事を、特別失踪といいます。 それ以外の失踪は、普通失踪といって7年間所在が不明で、生死が明らかでない場合の失踪の事を言います。 特別失踪でもそうですが、長い間所在が不明で、生死も明らかでない場合は、利害関係人の請求により裁判所が失踪宣告をします。 利害関係人とは配偶者や相続人・親族の他に、親権者・不在者の財産管理人が含まれるます。 失踪宣告がされると、行方不明時から7年間の期間満了時に死亡をしたものとみなされ、相続が開始され、配偶者は再婚することも出来ます。 失踪宣告は死亡をしたものとみなされのですが、権利能力を失うわけではありませんので、どこかの場所で生存していれば法律行為を行うことが出来るし、失踪宣告をされて者が生きて帰ってくれば、失踪宣告の取り消しを請求することが出来ます。 失踪宣告の取り消しは、本人・利害関係人の請求により出来ます。 法律的な効果は減速として無かったことになりますが、善意で婚姻したケースもありますし、例外規定があります。

和室