いつ相続が始まるの?

相続とは亡くなった方の遺産を受け継ぐことですが、
いつ、なにが原因で始まるのでしょうか?
遺産の受け継ぎの開始原因は人の死亡によって始まります。
遺産を受け継ぐ意思が本人にあろうがなかろうがに関わらず遺産の受け継ぎいつのまにか始まってしまいます。
遺産受け継ぎ開始の原因である死亡の日時は、戸籍簿に記載された日時をもって確定します。
戸籍簿への記載は、医師が作成した死亡診断書や検案書に基に記載されます。
通常はこのような場合がほとんどですが、
例外的なケースもあります。
それは認定死亡と失踪宣告です。
まず認定死亡ですが、死亡した可能性が非常に高い場合、推測に基づき死亡を推定する制度です。
ついで失踪宣告は、ある人が7年以上の間生死が確認できない場合、又は危難があり1年以上の生死が確認できない場合に、裁判所が失踪を宣告する制度です。
失踪宣告がされると7年満了時、又は危難が去って1年以上経った場合、その人が死亡したとみなされます。
これらは死亡の推定とみなしという違いはありますが、いずれも死亡したという扱いになります。
これらの場合でも死亡と扱われる結果、その人についての遺産の受け継ぎが開始されることになります。