親族の範囲

親族とは血縁関係・婚姻関係で繋がりを示すもので、その範囲は配偶者及び・6親等以内の血族・3親等内の姻族をいいます。 血族とは、血縁関係の繋がっている自然血族の他に、血縁関係は無くとも養子縁組等で血族とみなされる法定血族の事をいいます。 姻族とは、婚姻による血縁関係をいいます。 親等とは、関係の深さをあらわすもので、配偶者との間には親等の等級はありませんが、父母と子供が第1親等となり、兄弟は第2親等となり、それぞれ遡って等級が上がっていき、少ない等級が血縁関係が深いことになります。 血族図には自分より上の世代の父母・叔父、叔母の世代を尊属、子供以下の世代を卑俗といい、父母から子共に続くことを直系といい、叔父とか・兄弟等に枝分かれした世代を傍系といいます。 6親等内の血族とは、六世の祖・六世の孫・兄弟姉妹の玄孫・はとこ・いとこの孫・祖祖父母のいとこ・高祖父母の兄弟姉妹です。 3親等内の姻族の範囲に該当しますのは、1親等に該当しますのは、配偶者の父母・本人の子供の配偶者、2親等、配偶者の祖父母・配偶者の兄弟姉妹・本人の孫の配偶者・本人の兄弟姉妹の配偶者、3親等、配偶者の粗相父母・配偶者の叔父叔母に叔父叔母の配偶者・配偶者のおいめいにおい姪の配偶者等です。

手紙01