自然死亡

相続はなくなった方の財産を相続人が相続する制度です。ただ、その一方でこの相続というのはいつ始まるのか疑問に思う方もいるでしょう。基本的にはその被相続人が死亡したと見なされたら相続開始がされます。この死亡の定義には失踪したことによってそう見なされるということもありますが、大抵は直接命が失われて死亡したという自然死亡の方が圧倒的に多いことでしょう。しかしではこれもどのように死亡と判定されているか気になると思われます。実際に人間の死因というのは様々にあります。寿命を全うした老衰、病魔に冒されてそれによって生命が失う病気、そして車が衝突してきた、もしくは高所からの落下かもしくは落下物が直撃した等の事故が挙げられます。こうしたことで死亡と判定されるのは医師の診断によるものであり、医師が診断して死亡と認定すればそれで相続の開始がされるようになります。ただ、脳死という死亡と認定されるものがありますが、こちらは法律上で死亡と認定されないので相続の開始がされない場合があります、気をつけましょう。それと定義としては似ていたりするために別の死亡と見なされるということもあります、それによってまた相続開始が変わってくることがあるのでその辺りにも気をつけておきましょう。

小物01