相続権の範囲と権利順位

相続というのは、亡くなった被相続人の財産を相続人が引き継ぐこととされていますが、相続できる範囲というのは、民法によって決められていて、その範囲と権利順位というのも決められています。
法律上の婚姻をしている配偶者は常に相続人として認められていますが、血族に関しては相続人として順位があり、先順位のものがいる限りは、後順位の血族に相続権はありません。
第1順位は、直系卑属(ひぞく)であり、養子・非嫡出子・胎児を含めた子となります。子が死亡しているなどの場合には孫へと代襲相続となります。
第1順位が居ない場合には、第2順位である直系尊属(そんぞく)である父母が相続することになります。
父母が死亡している場合などは祖父母が相続する形になります。
第1・第2順位が居ない場合にのみ、第3順位が相続することになります。
第3順位は兄弟姉妹で、死亡している場合などは甥や姪が相続することになります。
注意したい点は、第1相続人の代襲は永遠に続きますが、兄弟姉妹の場合にはその子(甥・姪)までとなります。
相続に関しては、被相続人の意思を尊重するため、遺言があった場合にはその相続分が優先されます。
遺言がない場合には、民法上法定相続分が定められています。

本03