特別失踪による失踪宣告

相続とは、被相続人の死亡によって開始されます。 しかし、行方不明や生死不明の状態が長く続く場合は、死亡が確定されないため相続は開始されません。 その場合、失踪宣告の手続きをとることにより、不在者の死亡を法的に確定することができます。

不在者の生死が不明になった時点から7年間経過した場合、親・妻・兄弟などの利害関係人は、家庭裁判所に不在者の失踪宣告を請求することができます。 請求が認められた場合、生死不明になった時点ではなく、7年の期間が満了した時点で死亡したとみなされます。 このような失踪宣告を『普通失踪』いいます。

一方、危難が原因となる失踪を『特別失踪(危難失踪)』といいます。 これは、戦地に行った者、沈没船の乗組員、大規模な震災など、危難に遭遇した者の利害関係人が請求することができる失踪宣告のことをいいます。 この場合、普通失踪とは異なり、「危難が去った時から一年間」生死不明だった場合に失踪宣告を請求することができます。 また、その請求が認められた場合、「危難が去った時点」で死亡したとみなされます。

例えば、戦場に臨んだ者が生死不明な場合であれば、戦争が終わった一年後に失踪宣告を請求することができ、戦争が終わった時に死亡したとみなされるのです。

本05